CO2濃度とエアレーションタンク
さて前々記事の続きなのですが、CO2の添加を直添キットに変えてガンガンCO2を添加しているんですが水槽内のCO2濃度はどうなっているのか?

CO2濃度を知るにはpHとKHの値が必要になります。

試薬はもちろん aquamind laboratory さん のキットで^^

c0156086_23302531.jpg


右2つが水槽内のpHとKH   左2つがエアレーションタンク内のpHとKH になります。

CO2濃度の算出はaquamind laboratory さんのKHキットの商品説明のページでpH値とKH値を入力するだけで算出する事ができます^^
とても便利です♪

    水槽内  pH:6.4 KH:2dH CO2濃度29.6mg/ℓ

エアレタンク内 pH:6.8 KH:2dH CO2濃度11.8mg/ℓ

という結果に。
過添加でもそれほど高い数値にはなりません。

エアレーションタンク内ではちゃんとばっ気されている事がわかります^^

Factory-style-aqua製 エアレーションタンク
サブフィルター内でエアレーションを行うシステムですが、ひと言で説明するとセミオーバーフローという事。

普通のサブフィルターと違うのは水槽からの給水が上から入るところ。
c0156086_1316174.jpg

簡単に図にするとこのような感じです。
大量のエアーを送り込んでも自動エア抜き弁からCO2がばっ気されたエアーが排出。

c0156086_13222395.jpg


大量のエアー・・・というところがミソ。給水は上側から落下するようにサブ内に入ってくるのと同時にエアレーションする事でオーバーフローに近い状態になっています。

このシステムの最大の狙いはバクテリアへ豊富な酸素を供給し活性化を図る事。

導入してからバクテリアの代謝が激しく茶色のカスの出る量が半端ないですw
c0156086_13282334.jpg


工場の排水施設や下水処理場などにもばっ気槽として同じ原理のものがありますが理にかなったシステムといえます。

実際うちでは1ヵ月無換水でも水質が悪化する事はありませんでした^^


水草レイアウターとしてこのシステムの魅力・・・

OF水槽のばっ気の原理を水槽内外部に余計な器具を付けずに得られる!しかもリーズナブルに!

OF水槽は一般サラリーマンアクアリストが水槽部屋は持てないですし落水音とか気になりそうですし・・・何十万も掛けてシステムの構築なんてできませんしね((-ω-。)(。-ω-))

そんなこんなの自己満足システムのご紹介でした^^
[PR]
by fantasista9216 | 2008-06-07 14:34 | Aqua Tank ADA60P
<< 水景・・・見ごろっ 稚魚っ!! >>